投資および開発への取り組み

ネットワーク + 経験 + 能力 + 地域性

UIは、不動産の投資および開発を専門とし、日本と中国の産業・物流セクターにおける競争上、以下のような独特な優位性および強みを発揮しています。

 

  • 不動産および取引関係の広範なネットワーク
  • 投資機会を見出す優れた調達力
  • 提供するサービス、即ちデューディリジェンス、買収、企画、開発および処分のあらゆるレベルに熟練したチーム
  • 自社リースの豊富な経験
  • 産業用および物流用のリース、開発および事業開発のスペシャリストを主要メンバーとするチーム構成
  • 各「地域」の慣行、技術要件および規制に関する深い知識

投資運用への弊社の取り組み

  • 重点:運用資産額(AUM)ではなく取引を重視し、コスト意識をもって業務形態のコストとサイズのバランスを図ります。
  • 収益の最大化:資本提携先のリスク調整後収益の最大化を目指します。
  • 調達優先:まず具体的な資産または開発案件を特定し、その上で初めて出資を募ります。
  • 幹部の関与:投資の対象となる可能性のあるすべての物件等をプリンシパルが自ら訪問し、視察した上で、該当するプロジェクトのあらゆる側面に積極的に関与します。
  • 非裁量的な出資:案件ごとに資本提携先の承認を得た上で出資を実行します。また、個々の資産ごとに資本を区分するため、複数の投資案件にわたり資本を合同運用することはありません。

開  発

investment-approach-image

企画、ゾーニング、プロジェクト管理および運用・処分戦略

UIチームの広範な能力および経験は、土地のゾーニング変更、企画、設計および建設を含む開発プロセスのあらゆる側面を網羅しています。チームメンバーは、日本でいち早く、オーナー以外の使用に向けてスロープ完備の施設を開発した実績があり、現在も引き続き、テナント、クライアントとの関係および資本提携先のニーズに応じた物流設計の革新を進めています。

UIが提供するサービスは以下のとおりです。

  • 企画 ― 用地選定のコンサルティング、用地計画、建築・工学設計および仕様、ならびに市場およびテナントの特性に基づく貸料の見積り。
  • ゾーニング ― 土地のゾーニング変更および現地の政府当局との交渉支援。
  • プロジェクト管理 ―入札、交渉および土木・建設工事の請負や、竣工後にオーナーに代わって実施する不動産管理・建物保守サービス等。
  • 運営戦略 ― 業務の効率性およびテナント満足度に基づく中長期的運営戦略の策定。
  • 処分戦略 ― 撤退オプションの特定および分析と処分の支援

案件開拓および調達への取り組み

organizing-sourcing-approach

UIは、不動産業界に広範なネットワークを有することにより、投資および開発の機会となる案件を調達する能力の著しい強化を実現しています。

property-management-approachリース能力

自社リースと仲介を併せ持つ強み

UIの強みは、テナントとの長年にわたる関係に基づく産業用・物流用施設等の自社リースにあります。弊社のチームは、日本および中国における産業用・物流用施設等のリースおよび事業開発のスペシャリストで構成されており、そのいずれも各市場で幅広い経験を有しています。
日本では、産業用不動産投資をいかに実行できるかは自社リースの能力に大きく依存しています。従来、ほとんどの倉庫はテナントが1社から数社に限られ、オーナーが自ら運用しているため、性質上、オフィスビルのように外部の仲介業者を通じてリースされることはありませんでした。このような2者間リースの伝統により、日本の不動産仲介業者の多くは参入を阻まれ、産業用リースの分野では低調です。中国市場では逆に、不動産仲介業者が産業用・物流用施設のリースに、より効果的に関与しています。